おさり文具

文房具・漫画・ドラマ・映画・レモンサワー好きがつらつらと。

SARASA Grand(サラサグランド)とついでに少女漫画「NANA」

NANA、少女漫画のNANA好きです?読んだことあります?

え、SARASAボールペンの話じゃないの?って?

するする、SARASAの話もするけど、

とりあえず今更のNANAを語りたい。

 

NANA

登場人物が多い割に身内での恋愛率100パーセントの漫画。

というか新キャラが出てきても、すぐに身内に吸収される。主要キャラの過去に関わる重要キャラになっていたり(美里ちゃんあたり)。

この漫画って10代20代30代と、読む世代で捉え方が全然違う気がする。

連載開始当初10代だった私は、奈々の尻軽っぷりやレイラの全然空気読めない感、実はタクミが一番のリアリストだなんてわからなかった。

奈々なんて章司に浮気されて可哀想な人としか思わなかったし。

それが20代30代になって改めて読んでみると、

そりゃあもうイライラのオンパレード。イライラがエレクトリカルにパレードしてる。

奈々はちょっとでも淋しいとすぐに誰かにコロッとカラダを委ねちゃうし、知り合う男性全てを恋愛対象として見ちゃう。

レイラなんて空気読めなさ過ぎて、恋人を亡くしたばかりのナナに追い打ちをかけるような台詞を悪気なく言っちゃうし、自分の方がタクミのことを奈々よりも昔から好きだったとはいえ、「2番目でも良いから」と泣きついて関係持つ始末。

それに比べてタクミの現実主義っぷりといったら、主要キャラの中で一番信頼できる人だよ。ちょっと言い過ぎだけど。

確かに浮気もするし、悪阻で苦しんでる奈々に対して自分の怒りをおさめたいが為にSEXを強要したり、ちゃっかり「2番目でも良いから」攻撃のレイラの相手をしちゃったり、ゲスも良いとこ感は否めないけれど。

それでも人生甘く見ず生きてるあたり、頼り甲斐ある気がする。

えっ、ヤスが一番良いって?

本当に?ヤスだよ?詩音が自分のこと好きとわかってるからって都合よく扱ってる人だよ?

彼女ができたって上手いこと詩音のこと利用してる人だよ?こいつはなかなかのクセ者だよ。

いやいや、他にもタクミより良い人はいるって?

ノブやナオキ?

ナオキは問題外じゃないっすか?だってこれ漫画だよ。ナオキって何の闇も抱えていないリアルに居そうな人第1位キャラでしょ。

漫画って言うのは、ちょっと闇を抱えちゃってた方がモテるんだよ。

ノブはモテてもおかしくないけど、男らしさがちょっと足りないんだな。アオハライドでいうところの冬馬あたりと似た感じ。

逆にレンやシンは闇抱えすぎて、ちょっとこちらも不安になるから傾倒しにくい。

 

それとNANAって伏線張りすぎて、読み手側が混乱するぐらい時系列がごちゃごちゃ。 

奈々が妊娠してる間にレンが死んで、なんやかんやありつつその後突然、奈々が子供を2人育てているシーンが出てきたんだけど、兄のちびレンが誰の子なのかすらサッパリわからない。

タクミなの?ノブなの?

奈々の台詞で、ノブにちびレンの近況を聞かれ「ギターばっかり弾いてるよ」と答えるシーンがあるんだけど、

その真意がまたさっぱりわからない。

ノブのDNAを受け継いだって意味なの?っていってもタクミもギター弾けるから。

NANAも一応は少女漫画なので、休載さずにスムーズに連載が続いていたら、今頃奈々とナナは再会して色々ありつつも消化不良なネタを残しながらもハッピーエンドで終わっていたんだと思うけど、

話を広げすぎてキャラ1人1人の持ちネタの着地点が全く見えなければ、ナナと母親のくだりとか中途半端だし、なんなら連載再開するのかするわからない。

このままだとナナの父違いの妹のその後もわからないし、美里ちゃんなんてその後何してるの?あのまま事務所で働いてるんだろうか。

ノブと朝海なんていつ別れるの?

ナナが行方不明になってからも707号室でいつものメンバーが集まってるっぽいけれど、

ある時、奈々がノブの為にお風呂のお湯を溜めて「坊ちゃんお風呂がわきましたよ」みたいなことを言うシーンで、奈々とノブが意味深に手を握っちゃってるけど、

奈々って一応はタクミに落ち着いたんじゃないのかい?

むしろノブだってなんとか気持ちを別に向けたんじゃなかったのかい?

数年経って、互いにやっぱり好きでしたってやつかい?

疑問ばかりが残ってるんですけど。

 

そんな中でも私が好きなキャラは、…………あれ?いないわ!!

幸子は良い子!と言いたいけれど、実際恋愛に関してはちょっといただけないっすなので、好きなキャラではないや。

幸子の部屋で章司と2人まったりしているシーンで、章司のケータイに奈々から着信があり、「彼女からじゃない?出ないと怪しまれるから出た方がいいよ」と、自分はベランダに出てるからとその場を去るところ、

あんたすごく良い子感出してるけどあざとさ半端ないからね。

恋愛以外はね、すごく良い子。本当に良い子。

でもこの時はまだ彼女持ちの男とコソコソ親密になってる相当嫌な女だからね。

本当はブランド品よりハンバーガーが好きと言えちゃうなんとも可愛げのある子なの。

じゃあ淳子かな?となるところだけど、すぐ説教するもんでね。

親友が彼氏と別れて落ち込んでいるところに「あんたにも落ち度が」と説教ぶち込んじゃう人だからね。

わかるけどさ、奈々だしさ。でもさ、そこは慰めのみにしておこうよってなるじゃないの。

もう美里ちゃんしかいな…………ダメダメ。あの子ストーカーやりすぎ。

 

本当はあのシーンが好きでとか書きたかったんだけど、なんだか気付けば全キャラ否定になってた。やだ、全然語れてない。

語るとしたら、単行本3巻?4巻?での幸子登場から奈々の「いらない」発言までのくだり、あそこだよなと。

奈々が段々可愛げのない女になっていくあたりで章司の前にドーン!と現れたもんね、幸子。

容姿が可愛すぎ。やはり男の人は可愛い子や美人が好きなのかと思ったところで、「優しい子」というスペック追加投入。

可愛くて優しい。もう勝てません。可愛げのなくなった奈々、もう勝てそうにないっす。

そんな中、幸子とのことを突っ込んできた淳子に章司が言うの、「俺は奈々と同じ墓に入ってみせる!」と。

なんかさ、そうやって自分自身に言い聞かせようとする時点でもう、奈々への感情は「情」のみになっちゃってるよね。

幸子に気持ちが移っちゃったのがわかるよね。

恋愛感情の移り変わりをリアルに表現してるなーと思った。

この回こそが、THE 少女漫画!!な気がする。

だから少女漫画好きとしては、NANAの話の中でここのくだりが一番好き。

 

あっ……果てしなく書き続けてしまいそうだし、オチも無いから文房具ネタに変えよ。

皆大好きSARASA(サラサ)。ジェル界の神、SARASAボールペン。

色の種類も豊富だし、ビジネスシーンで使っている人も沢山いるであろうSARASAボールペン。

ビジネスシーン、書きやすいペンを使いたいしSARASAボールペンの書き味は最高!だけど、出来ることなら安っぽくない高級感のあるボディだとなお最高!

そんな方の願いを叶えられること間違いなしボディの登場。

そうこれ、
f:id:sai316sai:20170721093942j:image

SARASA Grand(サラサグランド)。

お値段も1.000円(税抜)と、サラサクリップよりも高め。

あのSARASAボールペンの高級ボディバージョンっす。

 

ボディの光沢が大人っぽさを際立たせ、更にクリップ部分金属製にすることで大人な高級感を演出。

まさに大人のSARASA(^J^)!!

リフィルもサラサクリップと同じものを使えるので、豊富な色の中から好みの色をセットして使うことが出来る。

ボディは全部で4色。ピンク、ゴールド、ブラック、ネイビー。

デフォルトでセットされているペン先は、0.4と0.5の2タイプ。

私はピンクとブラックの2本持っています。

中のリフィルは、
f:id:sai316sai:20170721094532j:image

ブラックボディには、 サラサクリップのグレー0.7を。

ピンクボディには、サラサビンテージカラーのブラウングレー0.5(写真はブラウンとしか書いていないけど、名称はブラウングレーです。)をセットして使ってます。

今ではもう愛用品の仲間入り。

 

オススメ(^J^)

 

Instagram

https://www.instagram.com/osarippin_/?hl=ja

 

twitter

@osarippin_

 

 

ゼブラ ジェルボールペン サラサグランド 0.4 ピンク P-JJS55-P

ゼブラ ジェルボールペン サラサグランド 0.4 ピンク P-JJS55-P

 

 

 

 

 

 

 

 

PILOT キャップレス万年筆

万年筆、使ってますか?好きですか?万年筆沼にハマってたりしますか?

私は使ってます。スケジュールも日記も雑記も万年筆。単純に好きです、万年筆。

万年筆といえば「書き味」「滑らかさ」「見た目」、10人いれば10通りの選び方がある。

万年筆をTPOで使い分ける人もいれば、ただ好きというだけで何本も筆箱にストックする人もいる。

私の場合は悩んで悩んで選んだ1本を、用途問わずにずっと愛用してます。

そんな私の愛用万年筆がこれ、
f:id:sai316sai:20170718143922j:image

PILOT キャップレス万年筆。

その名の通り、キャップがありません。

ボールペンのようにノック式です。

1963年に、世界初のノック式万年筆としてPILOTから発売されたこのキャップレス万年筆、国内どころか海外でも人気。

海外だとラミー社から、LAMY dialog3(ラミー ダイアログ3)というキャップレス万年筆が発売されているけれど、個人的には国産PILOT(パイロット)の万年筆にかなうもの無しと思っているので、人にオススメするならばLAMYよりもPILOTかな。

まぁ、好みなので海外製品も使ってみる価値はあると思うけれど(^J^)

海外万年筆は、国産のものよりもボディのデザインが素敵なものが多いし❅*॰ॱ♪ 

 

キャップレス万年筆、インク漏れや乾燥は大丈夫なの…?と不安に思う人もいるはず。

そこはさすがのPILOT(パイロット)、気密性が高いのでそんな心配はいらないです(飛行機の中だとわからないけれど…)。

そして胸ポケットに入れる人もいると思うのですが、

そういうところまで考慮してくれちゃってるのがPILOT(パイロット)の素晴らしさ。

なんと、
f:id:sai316sai:20170718145412j:image

クリップがペン先側に付いている。

ペン先を下に向けて挿すのではなく、上に向けて挿す。

えっ…ペン先にクリップ……?じゃあどこを持てばいいの?どうやって書くの………?

はいはいはい、気になるならば実際に手にしてみて下さい。極端にペンの持ち方が変でない限り、かなり持ちやすい!

クリップ部分を挟むかたちで持つことにより安定感すら出る(^J^)意外にも疲れにくい。

ペン先はFM(中細字)。国産万年筆はペン先の太さが沢山あるので、自分に合った太さを選ぶのが嬉しくなっちゃいます。

そしてこの万年筆のペン先は金ペンといわれる「18金」。

特殊合金やメッキのものもあるけれど、私はカリカリ引っかかる感じよりもヌラヌラスラスラ書きたいので、できる限り金ペンを使っていたい。

 

キャップレス万年筆、ペン先の口がまたなんとなーく可愛い。
f:id:sai316sai:20170718150642j:image

私は勝手にかまぼこ口と呼んでいます。

かなり愛用しているけれど唯一不満を言うならば、

コンバーターが40しか使えない。せっかくキャップレスでボールペン感覚で使えるのにコンバーターが40しか使えないとなると、補充サイクルが早い。

カートリッジも使えるけれど、それだと好みの色が無い。

コンバーター70が対応してくれるといいのに。

とはいえ、万年筆は本来ボールペンよりも扱いが面倒だし手間がかかるので、それも味だと思うようにすれば良いかな(´p`)!!

そんなキャップレス万年筆18金の書き味は、文句無し。
f:id:sai316sai:20170718151139j:image

さすがです。

使用インクは、「PILOT色彩雫 月夜」

万年筆こそ使えば使うほど、ペン先にその人の癖や味がどんどん出てくるもの。

自分だけのとっておきの万年筆を見つけてみては(^J^)

 

Instagram

https://www.instagram.com/osarippin_/?hl=ja

twitter

@osarippin_

 

 

パイロット 万年筆 キャップレス FC15SRBF ブラック

パイロット 万年筆 キャップレス FC15SRBF ブラック

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ日手帳カバー INDIGO BOOK

手帳カバー、どんなの使ってます??

ほぼ日手帳カバーを使っている人が沢山いると思うんですけど、種類がまあ驚く程に多いですよねー。

多い上にお財布に優しくないお値段なんですよねー。

何故にどうしてそんなに高いの?と疑問ばかりが頭をよぎる。

そんなお財布に優しくない中でも、私が唯一気に入って使っているのがこれ。
f:id:sai316sai:20170717211708j:image

BLUE BLUE × HOBONICHI TECHO

2017年モデル INDIGO BOOK

 BLUE BLUEとコラボしちゃってくれてます。

2016年に発売されたINDIGO BOOK、かなりの人気で生地が無くなり追加生産が出来ず、売り切れ御免!と泣く泣く手にする事が出来なかった人続出。

そして翌年、満を持して同じデザインで2017年バージョンが発売されたんですよね。

デザインは変わらないものの、2016年バージョンよりも生地と革の色が濃くなり、渋さが増した模様。

メイン素材は、BLUE BLUEのロングセラー製品に使用されているジャーマンコードという生地をインディゴ染めしたもの。

フラップ部分はインディゴ染めのホースレザー(馬革)。

 

そしてボタンは、
f:id:sai316sai:20170717213037j:image

BLUE BLUEの刻印入りで、ツヤ消し加工されています。

裏には、
f:id:sai316sai:20170717213357j:image

 BLUE BLUEのタグが(^J^)

 

そして開くと、
f:id:sai316sai:20170717213457j:image

THE ほぼ日仕様( Ö )


f:id:sai316sai:20170717213718j:image

ポケットが5つ付いてます。

名刺でも付箋でもシールでも、何でも入れられます ♪♪ /

私は特に何も入れてません。というのも、この手帳の用途が「子供の記録」のみなので、ただただ淡々と子供がこんな成長を遂げたと書き綴っているだけ。

なので、特に何も入れるものが無い(笑)

出来ることなら存分に活用したいんですけどね、ポケットを。

 

後ろには、
f:id:sai316sai:20170717214222j:image
チケットなど挟めちゃう ♪♪ /

今後はここもポケット同様、何かしら挟むなどして活用したいなーとは思っています。

思うだけで終わりそうだけど。

 

ペンホルダーもちゃんと付いていて、
f:id:sai316sai:20170717214457j:image

中々挿さるペンホルダーが無いことで有名な(私の中でだけ。)PILOT TIMELINE(パイロット タイムライン)も、難無く挿さる。ストレスフリー!

タイムラインが挿さるということは、大体のペンが挿さると言っても過言ではないですからね。

 

しおりは2本(^J^)
f:id:sai316sai:20170717214918j:image

挟んだ時の見た目重視ということで、中央よりやや右位置に付いています。

INDIGO BOOK特別仕様とのことだが、特に何とも思わないし、へぇ~程度にしか感じでいなかったけれど、特別仕様と知ることにより、さすが~!となった単純な女です。

 

ちなみに中身はほぼ日手帳ではなく、
f:id:sai316sai:20170717215912j:image

紳士なノートともいわれている、

premium C.D. NOTEBOOK(シルク紙の無罫)。

万年筆でヌラヌラ書くのを楽しむのに最適だが、私はタイムラインで書いている。

毎日必ず書くとは言いきれない「子供の記録」ノートなので、万年筆だと数日使わないと詰まる可能性がある為、ここはあえてのボールペン(勿論ゲルインク)。

 

そんな諸々をセットしたINDIGO BOOK、

革の経年変化も楽しめる一品。

長く使っていきたい。

 

Instagramhttps://www.instagram.com/osarippin_/?hl=ja

 

twitter

@osarippin_

 

 

アピカ プレミアムCDノート 無地 A4 CDS150W
 

 

 

 




    

 

ノートカバー ニーモシネ×LAGASHA(ラガシャ)

ノートカバーって、自分好みの物が中々見つからないんですよね。

デザインが良くても色があまり好きじゃない、色は好きなのにデザインがなんだか納得いかない、なんなら機能的な面で痒いところに手が届いてくれない( ´'e'` )

そんなんで、今までデザイン、色、機能、この3つをクリアしているノートカバーを見つけられずに今まで生きてきた私は、ノートにカバーを付けることなんて完全に諦めていたんですよね。

何にも包まれていない、裸そのもののむき出しのノートをどこまで愛することが出来るか挑んできたんですよね。

いける、勝てる。ノートカバーへの未練無く、人生の終焉を迎えるまでむき出しのノートのまま過ごせそう、愛せそう……………なんて思っていたんですけど、

2年近く前に出会ってしまいました。

デザイン、色、機能、この3つ全てを兼ね備えたノートカバーが私の前に現れてしまったんでやんす。

それがこれ。
f:id:sai316sai:20170707141659j:image

ノートカバー ニーモシネ×LAGASHA(ラガシャ)A5サイズ。

マルマンニーモシネとラガシャのコラボレーション。

ラガシャは日本の老舗バッグメーカー「トーリン」が展開するビジネスバッグブランド。

そんな国産ラガシャと国産ニーモシネがコラボして出来上がったこのノートカバー、さすが国産!痒いところに手が届きっぱなし。

孫の手ですら届きそうに無い痒みさえ解消してくれちゃいそうな国産コラボレーション、私の心をギュギュギュッと鷲掴みっぱなし。

 

開くと、
f:id:sai316sai:20170707142439j:image

左側にポケットが3つ。

これね、これこれ。1つじゃなく3つ、しかもこの3つのポケットが無駄な主張せずさりげなく存在してくれている。

普段はあまり目立つことが無いけれど(なんなら意図的に目立たないようにしてる)、何かあった時の対応はピカイチ。まるで執事っす。

ノート専属執事、裸一貫で生きてきたのにいきなりセレブ。

ビバヒルも吃驚だ。ビバリーヒルズ青春白書といえば、私はデヴィッドが好きだったな。ミュータントタートルズトランスフォーマーといえばのミーガン・フォックスと結婚したと知った時は、さすがイケメン!と思ったもんだ。

話がズレたから戻すけど、

ポケットの下部にはmaruman×LAGASHAのダブルネームが(^J^)
f:id:sai316sai:20170707160817j:image

これがまたさりげなく、うるさくない主張なんです。

 

このノートカバーに装着するノートは、
f:id:sai316sai:20170707152809j:image

もちろんニーモシネ。

デフォルトで特殊メモリ入り7mm罫のノートが装着されているのだけど、お絵描き用として使っているのでそれは使わず、私は無地を使用。

描いた絵は、

Instagram→ https://www.instagram.com/osarippin_/?hl=ja

Tumblr→ https://www.tumblr.com/dashboard

twitter→ http://twitter.com/#!/osarippin_

これらSNSに投稿しているので、もし良かったらこちらも宜しくお願いします(^J^)

 

話は戻ってこのノート、1枚1枚ミシン目が入っていてキレイに切り取ることが出来るんです ♪♪ /

もうね、使い手のことをこれでもかってぐらい考えてくれている。

切り離した紙を3つのポケットに収納することだって出来る。有難い、嬉しい。嬉しい!!

 

ペンホルダーもちゃんと付いてます。

まぁ、特になんてことなく存在してるんですが、

私はPILOTのタイムラインシリーズが大好きで(過去記事参照)、出来ることならどのペンホルダーにもこのペンを挿したいのだけど、タイムラインってボディが太めなので、ほとんどのペンホルダーにはささらないという。

挿さってもいまにもはち切れそうなキツさ。
f:id:sai316sai:20170707163339j:image

案の定、きっつきつ。

挿すのも大変だけど挿してしまったら最後、簡単に取り出せない。至難の業。

PILOTの他製品、
f:id:sai316sai:20170707163643j:image

2+1 RiDGE(ツープラスワン リッジ レザー)を挿してみると、ストレスフリーですんなりとささりました。

しかもこのペンは多機能ペン(黒と赤のボールペンとシャープペンの3本収納)なので、使い方によってはこのペンを1本挿すだけで、筆箱を用意しなくても大丈夫だったり。

多機能ペンRiDGEについてはまた別の機会に詳しく(^J^)

お気に入りのノートカバーを使うなら、ペンホルダーにもお気に入りのペンを挿したい。

しかし、用途がお絵描きなので私はこれ、
f:id:sai316sai:20170707170923j:image

シャープペンシル(rotringシャープペンシル ティッキー0.7mm)を挿して、消しゴム(MONO zero角形)を引っ掛けてます。

お気に入りのペンでは無いけれど、私的用途としては実用的な挿し方なので、これはこれでお気に入り。
f:id:sai316sai:20170707171818j:image

眺めてるだけでお酒が進む。

 

マルマン A5 ノートカバー ニーモシネ×ラガシャ LANC195-07

マルマン A5 ノートカバー ニーモシネ×ラガシャ LANC195-07

 

 

 

 

 

 

 

トラベラーズノート

トラベラーズノート

いまいち用途が分からず手を出さないでいた。

なのに今、私の目の前にあるはトラベラーズノートオリーブエディション。
f:id:sai316sai:20170706093947j:image

2017年限定色のオリーブエディション レギュラーサイズ。

昨年もしトラベラーズノートを購入していたら選択肢に無かったであろうオリーブエディション。

良かった、手を出したのが今年で。

昨年だったらきっと黒を選んで購入し、翌年にオリーブエディションが発売されることを知り後悔していたであろう姿が安易に想像出来るので、本当に本当に本当に今年で良かった!!!!

ありがとう私!今年にしてくれてありがとう!

それぐらいオリーブエディションの色味にどハマり。

そしてリフィルを色々セットして出来上がったのがこれ。
f:id:sai316sai:20170706094926j:image

現物は写真よりも少し濃い色です。

というかそんなことより気になるのが、表面の傷…!!

喧嘩でもした?ってぐらい傷だらけ。

クリームを塗る等ちゃんとケアすればそれなりにカバーできるであろう牛革、私はあえて何もしません。

そのまま経年変化を楽しみたくて。

とはいえ傷が付きやすい。唯一のケアはそんなこといちいち気にしないという落ち着き。

そう、自分の心へのケアのみ ♪♪ /

 

そしてこの別売りのペンホルダー、SサイズとMサイズがあります。

私はMサイズ。
f:id:sai316sai:20170706100024j:image

早速ペンを挟………挟まらない…………。

挟まらない……キツイ……手持ちの万年筆を挿してみるもアップアップ、キツキツ……。

調べてみたところ、12mmまでしか無理ですと( ´'e'` )

というわけで、
f:id:sai316sai:20170706100248j:image

ペンホルダーの金具部分に引っ掛けました。

そしてホルダー部分にはもう1本引っ掛ける形でセットし、


f:id:sai316sai:20170706102101j:image

最終的にはゴムバンドで一緒に巻き込み装着完了。
f:id:sai316sai:20170706100625j:image

 なんにも問題ないっす。

中身は、ジッパーケース
f:id:sai316sai:20170706101148j:image

ミニ封筒やナンシー関のイラストが描かれている美人カードを入れている。

 

フィルムポケットシー
f:id:sai316sai:20170706101311j:image

紙にペタッと貼れるポケット。

切手や小さいカード等収納出来る。

私は少し厚めのミニカードを1枚ずつ収納。

デコレーションにもなる ♪♪ /

あとは無罫リフィルとセクション(5mm方眼)リフィルと画用紙リフィルを装着しています。

他にも横罫、ポケットシール、日記(1日1ページ2ヶ月分)、ポケットシール(L)、名刺ファイル、両面シール、軽量紙(軽いので枚数も通常の2倍)、クラフト紙、月間フリー、週刊フリー+メモ、クラフトファイル、付せん紙、週間フリーバーチカル等のリフィルがあります(^J^)

使い終わったリフィルを収納するリフィル用バインダーや、連結バンドにリペア用キッドも ♪♪ /

 

使い方楽しみ方は十人十色。

これは本当に十人十色。

私は雑記帳として使います*॰ॱ✍

 

 

 

エトランジェディコスタリカの黒ノート

黒ノート、ブラックノート、なんと呼ぶのが良いのかいまいちわからない黒紙のノート。

大好きです。

文房具ブームもあってか黒紙ノートを買う人も多いであろう最近、文房具屋さんに行くと黒紙用(というか黒紙との相性抜群)のペンも多く売られている気が。

なのに、なのに。黒紙自体があまり売られていないという事実。

売り場でのペンとの比率、おかしくない?

juice UPと一緒に使ってね♡の如く、パイロットからもブラックノートが発売されたけれど、なんとなーく手に取ろうとは思えないワクワクのないノートなんですよね( ´'e'` )

そんな中、私がよく使うのがこれ。
f:id:sai316sai:20170704150842j:image

(ネットから引用)

エトランジェディコスタリカの黒紙ノート。

リングノートで、サイズもB5とB6の二種類。

どちらも無地のみ(^J^)

とりあえず手持ちのペンで発色を検証。
f:id:sai316sai:20170704151040j:image

 (黒紙ノートって写真撮影が難しいんですよ…粗い。)

uni-ball signoは太めでインクもドバっと出る感じが好き嫌い分かれそう。

ただ引っかかりやかすれは無いので、そういうストレスとは無縁かな、と。

juice UPは細い!発色は問答無用でブッチギリ1位!!なのに、線が細い。カリカリと引っかかるのがストレス。

しかし時間が経った時程、発色の良さを発揮する。

カリカリと引っかかりを感じさせるくせに、かすれのかの字も無い ♪♪ /

ペン先も0.4のみなので、手帳への書込み等に使うにはもってこいかと。

juice paintは私はあまり好みでは無いかも(-_-;)

三菱のPOSCAの方がまだ使いやすい。

juice paint、白が特にストレスを感じる。
f:id:sai316sai:20170704152109j:image

画像を見てわかるとおり、

ちょっと使わないでいると水っぽさが凄い。といっても、私のペンがたまたまこうなりやすいだけかもしれないけれど。

金色、銀色の発色は中々良い。青も良いけれど、思った以上に濃い色のような気がする。

パイロット製品なのでおすすめは出来るけれど、私はPOSCAでも良いかな。

最後、ZEBRA SARASA

うん、書き味は最高。さすがのSARASA、文句無しの書き味。

ただ、発色はjuice UPには敵わないなと思う。

私の理想は、ペン先の太さと書き味はSARASAで発色がjuice UP。

そしてこのエトランジェディコスタリカの黒紙ノートの何が素晴らしいって、

枚数です枚数。
f:id:sai316sai:20170704154337j:image

100枚( Ö )!!書いても書いても無くなる気がしない、100枚。

よくある普通のノートと比べてこの違い、厚みの極みです。

 

 ちなみに、黒紙ノートをいつ使っているのかというと、

「たまに、なんとなく」です。

そう、

たまに、なんとなく。

それぐらいの用途です(^J^)

でも楽しくて大好き、黒紙ノート ♪♪ /

 

HIGHTIDEのメタルブックレスト

参考書や料理本、レシピを立てたり、楽譜置きに、さまざまな場面で幅広く使えるツール。

というキャッチコピーのこれ。
f:id:sai316sai:20170630122636j:image

HIGHTIDE(ハイタイド)のブックレスト。

角度調整出来るのがまた嬉しい。

色は全部で6色。私は赤を購入。

f:id:sai316sai:20170630122856j:image

本や雑誌ならなんなく立てられるこちら、

分厚いノートやバインダーを置くには少し弱いかも。

普段使いのノート(ノートカバー付き)を立ててみたところ、若干後ろに倒れる。
f:id:sai316sai:20170630123244j:image

でもまあ、しばらく重宝しそうです(^J^)

というかいつノートを立てるの?本でも無ければ何でもない、ただの落書きノートなのに立ててまで開かなければならない時なんてあるの?

うん、無いっす。無いです無いです。全く無い。

でも立てたい。手帳開きつつ、落書きノートも開きたい。文房具について真剣に勉強してる感を醸し出したい。

重宝させたい| Ꙭ)و゙